ISDN
サービス統合デジタル網のこと。従来の加入者電話はアナログであるのに対し、通信の信号をデジタル化している。日本では、NTTがINSというサービス名称で提供している。
インバーター式
電子回路で構成されより効率が良く軽量で即時点灯ができる安定器です。
高周波で動作するのでチラツキもなく、またワット数あたりの明るさも高いのが特徴です。
最近では明るさを自在にコントロール(※調光可能な器具)する事で省エネ化できたりと高機能になり、蛍光灯器具ではスタンダードになってきています。
ADSL
既存の電話回線(メタリックケーブル)を利用し、高速データ伝送を可能にしたデジタル伝送方式の1つ
オールインワン
オールインワン (All in one) とは、幾つかの物や機能などが一つにまとめられている形態のこと。
改正省エネ法
97年12月に開催された地球温暖化防止京都会議(COP3)で、温室効果ガスの排出削減目標が合意されたことを受け、その対応策として改正され、98年3月に公表され、99年4月より施行されることになりました。新たに「トップランナー方式の導入」が特徴の一つとなっており、罰則担保などがあり、企業にとっては厳しいものになっているようです。
グロースターター式
グロースタータという点灯管 を用いて点灯させる方式です。
スイッチオンから点灯まで時間がかかりまた若干チラツキが出やすいのがデメリットですが簡素な設計により価格が安いので一般的に広く普及しております。
スマートフォン
スマートフォンとは、通話機能以外にインターネット利用やスケジュール管理などの機能も併せ持った、多機能な携帯電話のこと
ダイヤルイン
ダイヤルイン(ダイヤルインサービス)は、加入者線に電話番号を追加し、電気通信事業者の電話交換機から着信先の加入者線に着信番号情報を送出する電話の付加サービスである。その番号情報により特定の内線に着信させることが可能となる。
デジタルサイネージ
デジタルサイネージとは、屋外や店舗、公共交通機関といった一般家庭以外の場所で利用される、FPD(フラットパネルディスプレイ)などの電子表示装置を用いたメディアの総称である。特にネットワークを通じて情報配信を行うタイプのものを指すことが多い。
デジタルレコーダー
映像や音声、動画といった従来アナログ方式で記憶させていたデータをデジタル信号で記憶する装置。アナログ方式に比べ時間経過による情報の劣化がなく安定した保存が可能となります。
デマンド値
高圧受電のお客さまには、電力会社が30分最大需要電力計(デマンド計)の組み込まれた電子式電力量計を取付けてお客さまの電気の使用量を計測しています。
30分最大需要電力計は、30分間※1の電気の使用量を計測し平均使用電力(kW)を出します。そして1ヶ月(計量期間※2)の中で最大の値を記憶し表示するようになっています。
つまり、30分間の電気の使用量からもとめた平均使用電力が30分デマンド値です。
そして、1ヶ月の中で最大の30分デマンド値がその月の最大需要電力(デマンド値)になります。
ナースコール
入院患者が、必要なときに看護婦を呼ぶための装置。
ナンバーディスプレィ
ナンバー・ディスプレイとは. かけてきた相手の電話番号が、電話に出る前に電話機等の ディスプレイに表示されるサービスです。
ハンズフリー
送受話器を手に持つことなく通話を行うことができるように設計された通信機
ひかり電話
ひかり電話とは、NTT東日本およびNTT西日本が提供しているIP電話サービスの名称である。光ファイバーを利用する通信サービス「フレッツ・光」において提供されている。
PHS
〔personal handyphone system〕微弱な電波を用いるコードレス電話機を屋外でも利用できるように、多数の無線基地局を設け専用の番号を与えたデジタル電話。
MDF
MDFとは、家庭や企業からの電話回線を交換機に接続するNTT収容局内の装置のことである。
ラピッド式
即時に点灯するように設計されています。
その為グロー式よりも安定器は大きく重いのが特徴です。
インバーター式が主流になる前は、かなり一般に普及しておりましたが(40W) 現在では省エネなインバーター式が主流です。
蛍光灯はFLRなどのラピッド専用ランプを使用